JYNUXTOP > 災害 > [新規] 防災用降下器

[新規] 防災用降下器



saishu[2013-04-17 16:19:46]
阪神淡路大震災をテレビで見て、中高層のビルが崩壊している映像を見ました。

建設業の仕事をしていた私には三気に耐え難いものでした。

そこで、建設業で使用しているフック付きの安全ロープ16ミリ(親綱)を使用しての降下器を考案し、特許を取得しました。

生産者の異業種交流会では自社製品の販売促進しかしていないので、自分なりに商品化しようと思ってます。

フック付きの安全ロープならロープワークが不要で、窓枠と窓枠の間の壁にロープを回し、元のロープにフックを掛ければロープが設置でき、一般の素人でもフックをかけるだけなので、簡単にロープを地上まで下ろせます。

フック付きの安全ロープ16ミリ(親綱)20mもあれば5階からの脱出に間に合うので、降下器にロープを2巻して降下器にぶら下がれば1人でも地上に降り立つことができ、ビジネスビルや集合住宅のように防災組織が確立していれば役割分担で、降りる人は降下器に1巻きでぶら下がり、地上の人はロープを引っ張っていれば降下器は降りることがなく、地上の人は高所の人がぶら下がったことを確認した後にロープを数ミリから、十数ミリ緩めれば、降下器が地上へと降下を始めます。

ここで肝心なのは、降下者が地上から50Cm~1mぐらいのところで必ず1度止めることが必要で、そうすることで、降下者が地上に激突することなく、怪我をさせないように下ろすことで、ロープ操作する人には確実に任せられる人を選ぶ必要があります。

そんな降下器を近々、商品化しようと思います。

なにぶん建設業の零細で、降下器開発に12年を超え、ほそぼそと始める予定です。
降下器は使い方によっては命がかかるので、責任が取れません。よって、登山器具が扱える人を対象に有償でお分けしたいと思います。

商品化するにはもう少し時間が必要で、時期が来たら「地域、業種を越えた現業の商品開発」で入手方法などの情報を掲載します。


ジャンル:災害
タグ:8823

▼下へ

No,1匿名さん[2013-05-28 14:43:51]
この降下器は特殊な物で扱いが難しそうですね。
降下器を使った講習などがあると使いやすくなるのかもしれませんね。

No,2商売人さん[2013-06-01 02:44:00]
たしかに高層階に住んでいる人などは
災害のことを考えると心配でしょうね。
日ごろからいろいろな方法を考えておきたいですね。

No,3saishu[2013-09-14 17:20:50]
降下器の特許を取って、よく考えたら、ロープが垂れていなければ使えないと思い、新たにロープ支持器を考案し実用新案登録しました。

昨今、部屋の中を見ても、外壁を見ても、ロープが縛れるところが見当たらない事に気がつきました。

昔の木造住宅なら、鴨居や一本柱があり、ロープがあれば縛れたのですが、部屋の中は軽量壁に覆われフラット状態、外壁を見回してもロープを縛るところがないと思えたので、これではロープを用意していても意味がないと感じました。

そこで、建物が立っていることから、後付けで窓の外側やベランダの脇にボルト3本で固定できるロープ支持器を考案し、実用新案登録を取得しました。

使用するロープもフック付きの安全ロープならロープワークを知らない一般の人でもフックを掛けるだけで地上までロープを垂らすことができるのと、ロープが太い分摩擦抵抗が大きいので、ゆっくりとした降下が見込め、体を外壁にこすりながらも地上まで降りることができます。

http://www.youtube.com/watch?v=fyr19r-aAIc



No,4saishu[2013-09-14 17:38:58]
#1 さん、何も難しくはありません。穴あきのベルトのバックルを縦にしたようなものです。バックルのベルト穴に指す真ん中の棒をバックルと同じように持ち上げロープをからめるだけです。

降下器の新型での写真を掲載します。

真ん中の棒をお越したら、ロープを枠の中に取り込み芯棒に1巻、2巻して元に戻すだけでロープに設置できます。

錨のところではクリート結びをすればどんなに暴れても外れない。

No,5saishu[2015-02-25 07:14:42]
やっと、支持器が3つ、降下器、昇登器、ロープ収納箱、安全帯補助具等特許がシステム化することが出来ました。

商品化する支援も得られそうですが、それには、商品化するもの作りの企業さんにある程度の生産個数を示さなければなりません。

支持金物を付ける工事をするのは建設業で、神奈川の建設業に予約などの協力を呼びかけてます。

そうすれば、商品化されたとき、建設業は取り付けの工事が出来、使い方を教えると言うレクチャーも出来、しいては高層階に住む人の災害時に命を守ることが出来る。

そうそう、建物に支持器を取り付けるには、防災組織があるビジネスビルや高層マンションの管理者の協力も必要です。

そうすれば、下記の画像のような脱出が可能になります。
一人で降下


管理者の手伝いを得ての降下


▲上へ

名前:


規約

スレッド作成はPCから可能です

災害 」 に関するアイデアをもっと見る
スポンサードリンク

ミクル株式会社


ミクル株式会社コピーライト